品川区一押し!マッサージの定義とやり方のコツ

未分類

マッサージは安全で効果的な施術

マッサージは疲労回復や美容促進を目的としている、主に手を使った施術のことを指します。

血流やリンパの改善を始めとして、神経の興奮が静まるのも幅広く知られる代表的な効果です。

正しく施術を行うことによって、体の怠さが取れてスッキリしたり、皮膚細胞が活性化して肌艶や保湿力が回復します。

私がよく出張でいく品川駅近辺にもマッサージ店はたくさんあり、仕事のストレスや疲れを癒してくれる存在になっています。

↓↓東京都品川区荏原4-4-1 プレジールトキワ202 健康サロンCRAFT(ケンコウサロンクラフトさん↓↓
健康サロンCRAFT(ケンコウサロンクラフト)
引用:https://mitsuraku.jp/tokyo/shinagawaku/

血流が改善すると手足がポカポカするので、心地良いリラクゼーション効果も発揮されます。

入浴後に行えば更に効果が高まりますから、施術を行うタイミングは大切なポイントです。

また施術をすると頭痛が鎮まることもあるほどなので、痛みを和らげられるのもマッサージの魅力です。

施術の全てが医療行為に当てはまるわけではありませんから、誰でも気軽に行えて効果に期待できるのが良い所です。

道具を必要としないのも身近な方法になっている理由の一つで、手と指さえあれば直ぐにでも始められます。

注意点に気を付ければ安全性を保てますから、多くの国々や人々の間で普及するまでに至っています。

マッサージの由来について

マッサージは意外なことにフランス語で、皮膚の上から整脈や神経などに働き掛ける施術と定義されます。

語源はギリシャ語にあるといわれていますから、古代ギリシャ時代には既に誕生していたのが驚きです。

現在ではタイ式やインド式といったように、各地に広まって独自に進化を遂げています。

日本では機械式のマッサージチェアが発展しましたから、注目度の高さと独自性の面白さを窺い知ることができます。

人の手で施術を行う場合は、揉むと擦るの二つを覚えてから始めるのがおすすめです。

この二つは基本どころか施術のベースとなっていて、覚えなければ正しく行うことができません。

揉むは筋肉を摘むように掴み、離すと掴むを繰り返し動作することで、疲労物質の排出や血流の促進が行なえます。

マッサージは優しくやるのが基本

ただし強く摘み過ぎると筋肉や神経を傷めてしまいますから、くれぐれも痛気持ち良さを目安に力加減をしましょう。

擦るは皮膚に摩擦を与える方法で、体の表面にある整脈の働きを改善して血流が良くなります。

強さは摩擦熱による痛みがでない程度が理想的で、体がポカポカする位に留めるのが丁度良いといえます。

痛みや疲労感が発生している部位にこれらの施術を施すと、辛さが和らいだり回復するまでの時間が早まったりします。

マッサージには他にも指で押さえたり叩いたりといった、異なる刺激の施術方法も存在します。

指圧と叩きは力加減や場所を間違えると逆効果なので、最初は無理にやる必要がありません。

大抵は揉んだり擦るだけでも十分ですから、体に不調を感じたり興味を持ったら、まずは優しい力でやってみるのがコツです。